上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から、実家のモモちゃんが泊まりにきています。

車に乗るためのゲージに入ろうとせず、入るんよ!と強い口調で入れ、いつもと違う、バイパス経由でちょっと飛ばして帰りました。

信号も少ないし、信号で止まるより、流れている方が、ストレスも違うかなと。

家についても、落ち着きなし。

部屋用の大きなゲージに入れてみたり、リビングで遊ばせてみても、興味なし。

お水や犬用のお菓子をあげて、うろうろして、ちょっと落ち着きました。

私は、疲れて、昼寝。子供たちはゲーム。モモちゃんは、いつも誰かのそばにひっついていないと不安で。
私と2時間ほど寝てたようです。

晩御飯を作る間も、うろうろ。キッチンやらダイニングやら。

ずっとシッポもたれたまま。

長男は、朝から、鼻をぐずぐずさせていたので、犬のせいで、くしゃみばかり。マスクをしていました。

いつもよりちょっと遅い晩御飯のモモちゃん。
紙に書いてあるマニュアル通りに作り、あげると食べません。
一口手で持って口元へ。すると食べるではありませんか。
でも、半分食べて終了。

今度は私たちの晩御飯。

人が食べるものは興味津々。
亡くなった父が、なんでもあげていたせいで、いろいろと食べたいモモちゃん。
でも父が亡くなってから、制限されてしまったので、我慢。

その後、初めて散歩に出ました。リードをつけて。

最初は雑草だらけの庭を探索。
その後、裏庭に。
そして、裏の道路へ。でも、側溝のフタグレーチングの上を通りたがりません。
落ちそうな感じがするのかな?
グレーチングじゃないふたの上を通り、道路へ。

犬の匂いがたくさんあるんでしょうね。匂いをかぎながら、いそいそと右左と歩きます。

途中で歩かないかもと聞いてたのですが、けっこう歩きました。
おしっこもうんちもして、ぐるりと回って家の駐車場まで帰ってきました。
階段を上がるかなと思ったけど、ちゃんと上がりました。

初めてにしては、上出来?のモモちゃんのお守りでした。

さぁ、今夜寝るかしらね?

それが一番の心配事かも・・・・

子供たちも大喜び。

夏休み最初の、今までにない体験ですね。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
夕方、長男と次男が帰宅して、二男が宿題をしていると、町内防災無線の放送が。
それも、サイレン付。これは火事の知らせ!

聞いてると、隣の丁目が火事とある。

慌てて、二階の窓から見ると、ものすごい黒い煙。

放送と同時に消防署の指揮官が乗った車が家の前を通過、すぐ後を大きな消防車が2台続き。

建物火災と言うので、どこかの家が燃えている。

長男が見に行くと言って自転車で行ってしまう。

二男も、行きたいと。

しばらく我慢していたけど、長女が小学校でプールの教室でいることを思い出し、迎えに。

二男置いて行くわけにいかず、連れて行くことに。

火事の場所と小学校はものすごく近い。煙も、家の方に。風向きが家の方向。学校まで煙で真っ白になるほど。

現場を少し見ると、大きな火柱。

2軒のお宅が燃えたようで、一軒は空家。空家に火が移ったようです。
おばあさに寄りそう女性の姿。家を見上げ泣いているようでした。

1時間半ほどして、鎮火しましたと町内防災無線の放送。

あの火事で燃え盛る中で、バキバキと崩れる音、ボンボンという破裂音。

怖いという言葉以外何もなかったです。

近くには子供たちのお友達の家があり、電話してみましたが、みなさん無事に家に帰ったりすることができたそうで。

学校はプールのシャワーの水が出なくなったようです。

積水ハウスの山口工場で見た、外壁は火に強いという実験を見ましたが、それでも、怖かったです。

過信してはならぬと今日思いました。

木造の家があんなに簡単に燃え落ちる。

子供たちも、あの火柱や黒煙を見ています。

私が不在の時に両隣や自宅がもし火事になったら、両隣は、私の携帯に電話してから、向かいの山へ逃げる。

自宅は、出来るようなら携帯に電話するか、消防署に電話をして逃げるという話をしました。

火事は怖いんだと言うことを知れば、火遊びもなくなるのでは?と思いました。

水曜日にも、市内で建物火災の放送を聞いてたので、怖いなと思ったばかり。

火の始末、きちんとするように子供たちに話しました。








にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村



新築祝いやお引越し、プレゼントにいいですよ!








今日、携帯電話が鳴るので着信を見ると、知らない番号。
03から始まるので、東京だと分かった。

でも、知り合いもいない東京からの電話。間違いかもと思い、留守電にしてたので、取らなかった。

留守録を聞くと
「S友F動産販売、○○です。お聞きになられましたら、お電話をください」とある。

はて?

さっぱり分からない内容。

有名なS友F動産。

で、家に帰り、電話をしてみると、

「売却の件で」と言われ
「はぁ?、そのような電話をしたことはないですが。」
「こちらから何度も電話入ってないですか?」
「一度もないです、こちらは○○県ですけど」
「東京にお持ちの不動産売却の件ですが」
「自宅は建てたばかりですし、ましてや東京に不動産などありません」
「間違えて電話したのかもしれません。何十件とかかえてまして。申し訳ありません。間違えて電話したようです。」

とこんなやり取りをしました。

東京に不動産持ってて売却など、天と地がひっくりかえってもありえない話。

間違い電話しないように、よーく確認してから電話してくださいね。

そこのS友F動産、M黒営業所と言われたのです。お高い場所ですよね。

心臓がドキドキしっぱなしでしたよ。

家を売るなんて、ありえません。

リビングの吹き抜けに癒されてるので・・・

開放感に慣れると、ダメですね。

ダイニングにいる時間は短いです。

驚いた電話でした。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村



新築祝いやお引越し、プレゼントにいいですよ!








最近、陽気もよくなったので、セールスマンがよく来ます。

来るのは、太陽光発電の事ばかり。

断るのも一苦労。

主人が太陽光関係の仕事をしていますと言って断っています。

なのに、屋根には太陽光発電はありませんが(笑)

最近のセールスマンは、インターホンを押して
「お知らせしたいことがあるので、玄関まで出てもらえますか?」とかなり強引な人が多い。

先日も、エネルギアなんとかから来ました、玄関先までと言うので、
「太陽光なら結構です」と言えば
「違います」
「では、○○電力ですか?」と聞くと
「違います、玄関先までお願いできませんか?」とひつこい。

これは女性でしたので、やむなく出ると。

誤解を受けるような言い方で申し訳なかったですと。

よくよく聞くと、電力会社がしている、ネットのことでした。
この地域でもできるようになったので、と。

我が家はNTTのもっと割をしています。電話代とプロバイダー料金が一緒に請求され、なおかつ割引という。

なので、替えるつもりはないとはっきりとお断りました。

太陽光も、ひつこくて。
出ても、私がのらりくらり。
初期費用が0円。って普通300万するよなぁと主人と話しました。

どこから利益をねん出するの?って。怪しい。詐欺?

インターホンの下に太陽光発電のセールスお断りと貼ろうかと思うほど。

我が家は、ガスです。

ガスで床暖してます。

したくても、購入費用が、我が家にはもうないのです(泣)

あの玄関先までお願いしますに対抗できる方法をいつも考え中です(笑)



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村



新築祝いやお引越し、プレゼントにいいですよ!








5日 西日本で地震がありました。
私が住む地域は、県庁所在地から北東へ25キロぐらいの場所。
テレビで、近畿で震度5強とテレビで出たときに、中国地方だから、揺れたはずと思ったのですが
まったく揺れを感じませんでした。

実家の母は県南で一人暮らし。すぐに電話をかけると、家が横揺れして怖かったと・・・
妹も県南。そこも横揺れしたと・・

我が家は山の上だし、震源地からすると、山側だから、揺れなかったのかなと
その後の震度を見ると、震度2とありました。

家から近くに務めている主人の会社では揺れを感じたそうです。

次の日、子供たちが学校の先生から聞いたそうですが、学校は揺れたとのこと。

家から直線距離で500Mほどの距離なのに。

建物が古いから?職員室が2階にあるから?などいろいろ考えましたが、分かりません。

近くの子供のお友達のお母さんにも聞きましたが、揺れなかったと。

地震と聞くと、やはり、びくっとします。

阪神大震災の揺れを知ってるので、怖いです。

懐中電灯だけは、何個か増やして置いておく必要がありますね。
いまだに一個しかないんです。

子供たちはあっけらかんとしてました。地震に強い積水だから揺れんかったんかな?と言いましたが
地盤が強かったのかもしれません。

でも、シャーウッド構法のおかげもあるので、安心感はあります。

地震保険は建物だけですが、悩みますね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。