上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、夜とかにふっと吹き抜けの天井を見上げてます。
シーリングファンがいつも回っていて、家中の窓から風が吹きぬけ、心地よい夜を過ごしています。

主人が、住み始めた頃
「この吹き抜けと、白い壁(白くありませんけど)何もないリビングが落ち着く」といってました。


夏休み。いつも、何かがリビングに転がって、片付けても片付けても、なくなりません。

それでも、子供が寝た後には、少し片付けていますが。

で、やっと主人が言ってた吹き抜けが落ち着くという意味が分かったような気がします。
落ち着くという感覚も。

頭上が圧迫されたような感じがないというのが、やっと分かったような。

これだけ広い吹き抜けです。いつも誰かが見てる?という感じがあるのではと思ってたのですが
なんともなく。

あのバーチカルボイドサッシさえあればと思ってましたが、あのサッシと吹き抜けがセットであるからこそ、Villaですし、圧迫感もないし。

もったいない広さなんだと、今更にして気づいたことです。

昼間は、長男の友達が部屋で遊んでいるのを下のリビングから監視できますし、天気がいいと
ずっと夕方遅くまで電気をつけなくても大丈夫。

我が家の担当してもらった営業マンさんがいる展示場は、正面が東でしたっけ?だから、南向きではないので明るさがいまいち分かりませんでした。

午前中はボイドサッシからの明るさが、夕方からは、北側のワイドサッシから西日が入り込むので
いつまでも明るいのです。

吹き抜けはもったいないですが、いいですよ♪



励みになりますので、ポチっとお願いします♪ぜひ♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。