上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜日にやっとクロスの補修が完了しました。
当日はクロスの業者さん、クロスの監督さん。カスタマーサービスの方、現場監督さん。電気屋さんとたくさんの方。

9時から始まりましたが、エアコン取り外しから、止まってしまったのです。
シャープの多機能エアコンですが、5キロのエアコン。
電気屋さんは、このプラズマエアコンを取り付けたことがなかったらしく、通常のようにネジを外していくのは、どんなエアコンでも出来るようで。
問題発生は、エアコンが動かない。取り外せないということ。
ネジが外せても、エアコンが取れなきゃ、クロスの工事が出来ない。

電気屋さんがおもむろに電話。
数分後、軽トラが一台やってきて、その電気屋さんと話をして、エアコンの取り外し方の説明を受けていました。

さーっと来てさーっと帰ったおじさん。
その後、やっとエアコンが取り外せて、クロスの工事。開始は10時でした。

問題なのは、壁が浮き上がってるということ。それもクロスの継ぎ目から。
クロスを剥がしてみると、石膏ボードまで、カッターナイフで傷つけたことが判明。
そこで、浮いてるところを削り、パテ処理して、クロスを貼りました。

時々あるそうです。こういう問題が。
そこで、石膏ボードを傷つけないように、何年か前から、クロスの糊付け機械に、石膏ボードの保護テープというものをクロスの下にはめ込んで壁に貼り、継ぎ目部分のところで、上からカッターナイフで切っても傷つけないというものがあるそうです。(説明不足かも)

積水ハウスさんでは、それを使っているのですが、クロス業者さんには、いつも注意してるところだそうです。

元現場監督の主人は、
そんなことになってるんかぁと感心顔。

今はきれいになりましたよ。
その保護テープも、どこかの現場で機械があったので、そこで事前に処理してから持ち込んで来てたそうです。

終わったあとは、またエアコンの取り付け作業です。
今回はすんなりと進みました。最後のガスもちゃんと入れてくれました。

クロス屋さんの手際のよさには感心。きれいになるもんだなぁと。

今回は、クロス業者のミスです。

人間がしていることですから、ついチカラが入ることがあるんでしょうね。

北側のワイドサッシ周り全て壁だけ張り替えてもらいました。

不具合だったところはほんの何センチでしたが、日焼けしてるからということで、見栄えもよくしてくれました。

皆様お疲れ様でした。



励みになりますので、ポチっとお願いします♪ぜひ♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。