上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日ニュースで、小学生の列に車が突っ込むと聞きました。
ごく最近も、ありました。

こんなことを聞くと、心が痛く、同じ親として、通学路大丈夫かな?と思うほど。

でも、実父も車の事故に遭い突然亡くなりました。本当に突然に。

どんなに痛かっただろうか?
まだ小学生なら、痛みと恐怖といっぱいで、どんな気持ちだろうか?

亡くなった方の保護者の方のお気持ちを察すると、どんなに辛くて、突然逝ってしまったことに、
困惑してないだろうか?と。

京都は、加害者は18歳。名前も顔も保護されて、遺族たちの怒りが名前と顔がテレビに出されて。
おまけに、加害者に被害者の方の連絡先が渡されている。

警察も学校も、どうかしていると、感じました。

私たちも、お通夜に突然、加害者が現れ、謝罪をと。。
どうして、葬儀場所が知れてしまったのか?警察にも話してないのに。
誰かが漏らしたのか?
被害者の名前を加害者に知らせたのは警察?といろんなことを、今更ながらまたよみがえってしまいました。

当然、こちらは、帰ってもらいました。

実父の場合は、相手は、成人でしたので、名前も住所も知ることが出来ました。

でも、免許は取り消し処分。あの時、副検事さんから聞いたのは、3年たてば、免許を取りに行くことができると。
加害者は罰金刑で終わりました。

許せない気持ちはあります。今でも。

18歳だから守られるという時代も考え直す時がきたのではないのか?と思ったりします。

殺人を犯した時は18歳。何度も裁判をし、何年の時がたち、最高判決の結果、死刑となったとき、成人となっていたので、初めて名前を知ったという事件もありました。

当事者でないと、分からない、心の痛み。

ある保護者の方が、
「うちの子が5分遅くに家を出ていたら、巻き込まれていたかも」というのを耳にしたとき
がっくりとしました。

誰でも思うはず。でも、当事者の方も、きっと思ったでしょう。私もそうでした。
被害者の方の心痛を察するならば、あの発言をニュースとして取り上げるべきではなかったのではないでしょうか?と
私は思いました。配慮不足だと感じました。

車は、便利。でも、怖い乗り物。

子供たちにも、助手席に乗るときは必ずシートベルトを口酸っぱくして言わないと最初はしませんでした。
今は、何も言わなくてもしますが。

子供たちが通う小学校で、保護者の運転する車で助手席に乗りシートベルトをせずに、事故に遭い亡くなったお子さんがいます。

毎日流れる、同じニュース。
かわいそうで見てられません。

車のひき逃げや、事故が少なくなるよう。

そして、今回被害に遭われた方の冥福を心よりお祈り申し上げます。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村



新築祝いやお引越し、プレゼントにいいですよ!








スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。